スポーティな性格を持ったクルマ

そして、1936年。BMWの名を世界に轟かせたスポーツカーが登場する。328である。画期的なアルミ製シリンダーヘッドを持った1971“のエンジンは帥馬力を絞り出し、この328のボディを150m/hまで引っ張った。’三ルブルクリンクでデビューしたこの328は、まさに破竹の勢いで勝利を重ねていった。しかし、その直後、あの忌まわしい第二次世界大戦が訪れ、BMWの歴史は中断することになる。BMWの戦後は、1952年に発表された501から始まった。が、2Jでわずか開馬力というこのモデルは成功とはいえない結果をBMWにもたらした。この教訓からだろうか、BMWはこれ以降、セダンポディを持ちながら、スポーティな性格を持ったクルマを作るという一貫した姿勢を貫いている。1960年代後半、日本にBMWの高性能をアピールしたのは、そのスポーティさを前面に出した2(来) 002シリーズだったことは、皆さんも記憶しているのではないだろうか。そして、1968年には現在の6シリーズの前身である2500が登場○1970年代にはコンパクトな3シリーズ、アッパーミドルクラスの5シリーズ、フラッグシップの7シリーズと現在に至るラインナップが完成した。今や、BMWがスポーティセダンの代名詞であることに異論をはさむ者はいないだろう。そして、スポーティセダンであるからこそ、それを存分に堪能するために正しいドライピングテクニックが必要になるのだ。中古車 高く売る ←参考にここのサイトを見てみましょう。

DW159_L

BMWの歴史

行機が大西洋を44時間で横断し、第二次世界大戦では、フォッヶウルフ、メッサーシュミットといった戦闘機に搭載され、圧倒的な性能の高さを誇示したのは歴史書に残っているとおりである。BMWが地上を走るマシン、オートバイを作り始めたのは、第一次世界大戦後のことであった。1923年、フラットッイン(水平対向2気筒。BMWは、現在に至るまでこのメカニズムを踏襲している)のR32が完成。その独創的なエンジンレイアウトとシャフトドライブという画期的なメカニズムは数多くのライグーを魅了した。そのBMWが自動車メーカーとして歩み始めたのは、1929年のことであった。イギリスのオースチン7のライセンスモデルの生産がその最初である。4気筒743照賜馬力のエンジンを搭載し、ディキシー3/妬と名づけられたこのクルマは、一般の人々にBMWの名前を浸透させることにまず成功した。そして、それからわずか4年後の1933年のベルリンモーターショーには早くもBMWオリジナルモデルである303をデビューさせた。そして、現在のBMWにも伝承されているあのキドニーグリルは、なんとこのモデルにすでに取り付けられていたのだった。この303に搭載されていたのは、OHV直列6気筒のエンジンで、当時としては画期的なクロスフロー燃焼室を持っており、キャブレターも2連装していた。←こちらのサイトから探してください。

DW166_L

BMW

世界中の道をたくさんの種類のクルマが走っている。日本のBMWユーザーそのなかでBMWはスポーティセダンとしてたしかな地位を築き上げているといってもいいだろう。「more to few」よりよいものを少数の人へ、というBMWのポリシーが、こうした個性あるクルマ作りになったのだ。4年ごとにモデルチェンジされる日本車にもそれなりに個性がある。しかし、それらはあまりにもユーザーリサーチから作り上げられたものが多い。ユーザーの動向を聞き、それにあわせてクルマ作りをしていくと、どうしても4年に1度はモデルチェンジが必要になるわけだ。ヨーロッパ車のモデルチェンジサイクルは長い。クルマにもよるが、だいたい7~8年が相場だ。BMWもその例にもれない。開発に7~8年かけるから、開発が始まってから昭年後にも販売しているクルマを企画しなければいけないわけで、逆にユーザーの動向など読むのは難しくなる。そうなると、当然デザイナーやエンジ’一アたちの考えるベストなクルマ〃作ることになる。そこで個性が出てくる。ベンツにはベンツの個性が、ジャガーにはジャガーの個性が存在するわけだ。だからといって、ユーザーを無視したクルマ作りをしているわけではない。ユーザーの顔色を見ながら作るのではなく、ユーザーの立場に立っていいクルマを作ろうとしているのである。そうすると、クルマごとに付き合い方が多少違ってくるし、ドライプフィーリングも異なってくる。となれば運転テクニックだってそのクルマの個性をつかんで、そその個性をいかす運転をするのがベストだろう。←こちらのサイトからたくさん見られます。


DW182_L

クルージング・スピード

高速道路は平均的なスピードで走る車が高性能だと前が開けるとつい加速してしまう。前の車に追いつくまでそのまま加速して走る。こういう走り方をしているとロング・ドライブでは疲れる。これは「前の車を追いかける」という意識が抜けていないからである。長距離を走る時は、あくまでも自分のペースで走らないと疲れる。そのためには、高速道路では自分がそれほど緊張しないで走れる快適なスピードを探すことである。どんな車でも瞬間的に、短時間出せるスピードと長時間クルージングする時のスピードは違うものである。これは個人差もあるが、高速道路を走っているといつのまにか一番楽なスピードに戻っていることで決まる。つまり、車の騒音とか、ハンドルの安定性とか、視界からの心理的な緊張などが総合されて自然に快適な所を選んでいる訳である。いわゆる、いい車とはこのクルージング・スピードが高い車のことをいうが、平均すれば騒音が一番の要因になるはずである。スポーティカーのように瞬発力があっても乗り心地が悪いとか、エンジンがうるさいとかではクルージング・スピードは低い。高速道路では止まることがないから平均したスピードが出る。緊張を連続していたらそのうち疲れてスピードが下がってくる。自分のぺースでカメのように走っても休憩時間が短くてすむので結局は能率がいい。瞬間に時速何キロ出るかではなく、1時間に何キロ走れるかで考えよう。←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。


DW180_L

車線変更

車線変更は空間に向けて走る
低速の運転ともっとも違うのは車線変更である。いつも低速で走っている人は車線変更をする時はハンドルを右に切って追越車線から出て、そこですぐハンドルを左に切るからS字形になる。追越しの場合も同じようにハンドルを2回切ってもとの車線に戻る。ちょうどクランク形を描くようになる。免許をとるまでに覚えたこの図形のような車線変更は高速でやるとフラついて危険である。高速道路では車間距離が100mぐらいである。それ以下であっても実際に追越しをするような状況では別、以上はあるはずだ。大事なことは、車線変更は何メートル以内に済まさなければいけない、という規則はないことである。したがって、車線変更とは文字通り「走っている車線を変える」ということだ。高速道路では、そのため「自分の行きたい空間に向かって走る」という動作になる。つまり、ハンドルを2回切るのではなく、距離は100m以上使って約3mほど緩やかに車線を斜めに走るのが正しいテクニックである。←ここのサイトから知識を得ましょう。

DW179_L

© 2018 BMWのいろいろ

Theme by Anders NorenUp ↑